迅速対応のトイレ水漏れ業者~スピーディーサポーター~

トイレ

トラブルを回避する

原状回復の範囲について

インテリア

賃貸マンションの賃貸アパートを借りたときに、原状回復について知っておかなければなりません。原状回復義務とは借主は退去時に借りた住宅を元通りに戻さなければいけない義務のことです。 これは、自己所有の建物でないので借りた以上はきれいにして貸主に返さなければいけないのは当たり前です。この点については特に問題がないでしょう。 問題となりやすいのは、どこまでが原状回復義務の範囲なのかという事です。 借りたマンションやアパートを退去する前に隅々まで部屋の掃除をしてから退去する人もいますが、果たしてそこまでする必要があるのでしょうか。 原状回復が誤解されているのはこの点についてです。汚れた床や壁をピカピカにすることで、敷金が減ることを避けようとします。ですが、区切りをつけると言う意味で掃除するのであれば問題ありませんが、敷金が返ってこなくなるという心配があるとすればそれは考えすぎです。

争いがある部分について知っておこう

原状回復義務は、通常の使用により傷ついたり汚れたりした部分に関しては敷金から引かれる事はありません。なぜならそれは住宅の持ち主の義務だからです。そもそも、借主は毎月家賃を払っているにもかかわらず、通常の使用で傷がついたり汚れた部分を支払わなければならないとすればなんだかおかしな話です。通常の使用に関しては貸し主である建物のオーナーが負担するべきなのです。 これを知らないために問題になるのは、通常の使用で部屋が汚れた場合でも全て敷金からクリーニング代を出そうとするオーナーがいる店です。これに関しては、毎年消費者センターに寄せられるクレームの件数が増えています。 もし、原状回復でそのような悪徳のオーナーが入るのであれば事前に部屋の写真を撮っておきましょうまたクリーニング代の明細を書面で見してもらう必要もあります。