迅速対応のトイレ水漏れ業者~スピーディーサポーター~

トイレ

必須の工事

部屋

現在、賃貸住宅において長期滞在型から短期滞在型など様々な形態をとる賃貸住宅が存在します。これらすべての賃貸住宅において契約を行う際に忘れてならないのが、退去時による原状回復です。引越し手続や賃貸契約に必要な書類提出によって忙しさが増すものであり、退去時までの事は考えないというケースもあります。 しかし、原状回復におけるトラブル回避で最も重要なのは、契約時による借主と貸主の双方の合意です。必ず契約内容にも含まれるものであります。現在、マンスリーやルームシェアなどと言った賃貸が多く存在するようになり、敷金無しといった物件も多い傾向にあります。この様な物件は今後も増加する予想がなされますが、原状回復は無くなるものではありません。いかなる賃貸形態であっても契約時による原状回復の取り決めをしっかり把握・同意したうえで契約を結ぶことがトラブル回避につながるものとなります。

賃貸契約には、契約の自由が原則とされています。貸主が定めた契約内容が最も拘束力を持つものであり、借主はこれに同意した場合全てに従わなければなりません。しかし、契約の自由という観点から不合理な内容、悪意ある内容など様々なケースも存在します。原状回復においてこれらの内容によって借主がトラブルに巻き込まれない様ある程度の基準をまとめたものが存在します。 その基準とは、原状回復におけるガイドラインと呼ばれるものです。契約の自由とは言えども、ほとんどの契約内容はこのガイドラインに従って作成されているものとなります。 しかし、時には特約という設定が設けられていることがあります。ガイドラインとはかけ離れた約束事も存在する事があるのです。この特約についてトラブルが発生する事もあるので、契約内容の同意の前に、ガイドラインの利用も重要な事となります。